Gummy Gummy Night Festival

Gummy Festival

グミが食べたい。できれば弾力のあるやつ

性欲と愛情について

 人の、欲望のストッパーが外れた話を聞いていると、どこまでも疚しくて滑稽で自然体で、それでいてちょっと面白い。人には誰しも"欲"があって、その欲を満たすために、色んな行動をしたりする。そして、その欲を満たそうと行動している一瞬一瞬が、生きていることの確かな証なんだと思う。人が欲望に固執して、満たそうと動いている姿を見ると、おそらく人間らしさっていうのを目の当たりにすることが出来るんだろうな。だって、見ていなくても、そういう話を他人から聞くだけで、その状況がリアルに脳内で再生されて、他人のドロドロに塗れた欲望に浸ることができるから。それはたぶん、心の奥底に眠っている、自分も知らない"欲"が、動き始めている証拠なんだろうな。他人から触発されて、初めて自分の成したいことやりたいことが明確になることもある。触発されて、"成したい"って気持ちが表に出るけれど、それは刹那的な時間で過ぎ去って、また心の内側に戻っていく。それの繰り返し。だから、欲を満たすためには、自分という心の扉を開けてやらないといけない。この扉は他人に開けてもらうんじゃなくて、自分で開けなきゃいけない。だって扉のカギは自分しか知らないから。カギはどこだっけ、って優柔不断に探し彷徨っている間に、また触発されるから、また自分を表に出しづらくなる。誰も扉をこじ開けて、引きずり出してくれないから、後は自分との戦いになる。欲望に塗れて生きることは、簡単だけど簡単じゃない。簡単じゃないから、そこに人間らしさだったり、その人の生き様や滑稽さが相見える

 人には様々な欲が宿ってるんだけど、ここではその中のひとつ"性欲"について取り上げる。性欲は人間誰しもが持っている欲求のひとつで、性的な満足を求める本能とも言えるべきものである。この性欲ってやつは厄介で、時には世間を騒がせるようなニュースに発展したり、時には人を傷つけたりしてしまう。特に男性の性欲は女性よりも高い。テストステロンという男性ホルモンが女性のよりも10~20倍も多いらしく、男性の性行動が過激になるのはこのためであると言われている。確かに男性が絡む性犯罪の事件などをよく耳にするのは、なんとなく分かる気がする。個人の性欲の強さには概念がない。誰でもこの欲求は持っている。当たり前すぎて、なぜか現代社会ではタブー的な位置づけとして葬られてる気がする。男性の性欲の強さは、街中で見るキャバクラや風俗、男性向けに作成されたアダルトビデオの多さなどによって証明されている気がする。こんなふうに男性の性欲はとどまるところを知らない。女性が男性の行動について理解することが難しいのも分かる。そして、逆も然り。男性も女性の心理を理解することは難しい。男性は女性を好きになるとき、それはもしかしたらエッチしたいという感情をオブラートに包み込んで、好きというに二文字で表現しているのかも知れない。仮にそうだとしたら、本当の愛情なんて分からない。人を好きになるって何なんだろう。恋愛経験なんてほとんど皆無な僕からしたら、"好き"の裏側には"エッチしたい"という欲が絶対あると思う。むしろ、エッチしたいから好きになっているのかもしれない。そうだとしたら、ちょっと怖い。性欲だけが一人歩きしないように、デートではそのヤりたいって気持ちを抑えて、徐々にスキンシップを取って、3回目くらいで告白すると良い。みたいな恋愛関連の記事がネット上にたくさんばら撒かれている。こういう記事を見るたび、男性は女性に対する下心を悟られないように行動しなければならない、というような、自由を束縛されたような、隔離されたような感覚におちいる。客観的に書いているけれど、実際に異性といると、男性の頭の中は、エロい妄想が繰り広げられているのは事実だ。その女性に対する疚しい気持ちは0%じゃないはずだ。エッチしたい気持ちがある=愛情がある、という方程式は何となく違う。ここからは個人的な憶測でしかないけれど、本当の愛情はエッチしたあとに、ふと無意識に心に浮かんでくるある種の現象のようなものだと思う。エッチした後だから、その時点で性欲は無い。だけれど、そんな相手がなんとなく好き。好きになっている自分がいる。こんなふうに意識していなくても、心の中で自分でも知らないうちに気付かされる。こんな瞬間が訪れるんだと思う。でも、こんな刹那的な瞬間に立ち会えることってすごく難しい。男性の性欲なんて、そそり立ったものから精子を出せばそれだけで快楽を得られる。そんな単純なもの。だけど、コントロール出来ない理由を、これが男性の本能だから、って言葉で片付けるのはおかしいと思し、許されないものだと思う。性欲と愛情の区別が出来るとき、その時が多分生きてることを強く実感して、幸せを感じるんだと思う。

 ここまで、性欲という欲望にフォーカスして、恋愛や愛情について書いてきたけれど、ちょっと気味が悪いね。でもタブー視されていることだからこそ、真剣に向き合いたい。小中学校の性教育では、男女の身体の違いや、避妊の仕方とかを教えるけれど、もっと男女の恋愛に対する価値観の違いだったり、男女の性欲の違いとか、そういうことを教えても良いと思う。でも子どもだったらまだ、そういう感情って分からないんだろうな。何が正解か分からないけれど、自分の持っている欲望には素直でありたい。そして、相手の欲望にも寛容でありたい。おそらくそれが一番幸せに近づける気がする。

ではでは!☆☆☆☆