Gummy Gummy Night Festival

時空を旅する

グミが大好きです。よろしくお願いします。

もし空からお金が降ってきたらやりたいこと7選

f:id:float_space:20180618031517p:plain

 「もし宝くじで10億円当たったら何したい?」誰もが一度は妄想したことのある議題だろう。貯金?海外旅行?高級車買う?一軒家購入?アメリカン・ドリームを夢に見る頭の中の妄想はとどまるところを知らずに、私たちの時間をいともたやすく奪っていきます。そんな、脳内がお花畑と化している最中、「当たるわけないよ。現実見なよ。」なんて言われたら、スマブラのキャラ“ドンキーコング”でBボタンから繰り広げられるジャイアントパンチを、とりあえず一発食らわせておきたいところです。

 とは言っても昨今では「お金」というものは、幸せになるためには必要不可欠であり、あって困ることはありません。幸福を追求する権利はみんな誰にでも持つことができ、人間誰しもがそのような欲を持っています。しかし、何をもって「幸せ」と感じるかは人それぞれであり、そこには善し悪しの概念は存在しません。「幸せ」の度合いの中に「お金」というものが介入すればするほど、本当の「幸せ」が見えづらくなるような気さえします。

 でもやはり、人間たるもの、「お金」は誰しもが手に入れたいものでしょう。じゃなければ、冒頭で取りあげた「宝くじで10億円当たったら何したい?」という議題は、巷でこんなにも妄想されることはないはずです。

 しかしこの議題は、すでに手元に10億円あることを前提として、そこから何をしたいのかを問いかけています。いや、そうじゃない。もっと夢があって現実味のない話をしたい。仮にドラえもんがいるとして、もしもボックスを貸してもらえるとしたら、僕は「もしも宝くじで10億円当たったら…。」じゃなくて、「もしも空から大量のお金が降ってきたら…。」と電話越しに呟きます。だってどうせなら、自分だけHAPPYになるんじゃなくて、みんなHAPPYでいたいじゃないですか。

ということで、前置きが長くなりましたが、「もし空からお金が降ってきたら」何をするか。自分なりに考えましたので、もし空からお金が降ってきたときは、参考にしてみると良いかもしれません。ではまいります。

 

虫取り網を振り回す

  さあ童心に戻って周りの目など気にせずに、虫取り網を思う存分振り回そうではありませんか。しかし、くれぐれも周りの人たちには細心の注意を払いましょう。そして忘れてはいけないのが虫取りかご。必ず虫取り網とセットで使用しましょう。確保したマネーは逃げないように早く虫取りかごへ入れてあげてください。この日だけは虫取りかごがATMの役目を果たしてくれます。また、虫取りかごを日常生活にも取り入れて財布として使うのもアリなのではないでしょうか。首からぶら下げておくことで、どこかに忘れたり失くしたりする心配もありません。お金を増やしたいと思ったらヘビの抜け殻でも入れておきましょう。

 

掃除機で吸う

  虫取り網でも十分な資金収集ができます。しかし吸い込む威力には勝てません。お金が降っている状況下において、掃除機というのは超強力な武器となり得ます。空中を舞うお札を吸い込むのもよし、床に落ちているお札を吸い込むのもよし。そう、掃除機を使えば可能性は無限大に広がります。ちなみに掃除機は、吸引力が凄まじいで有名なダイソンにしましょう。これで掃除機を抱えたライバルに勝てるはずです。

 

空を見上げてPVの主人公になる

  アーティストやバンドのPVを見ていると、よく目にする光景ってありますよね。遠い空を見上げて何か物思いにふけっている光景や、太陽に手をかざしている光景、恋愛ソングだと泣いている女の子、何かを思い出して咄嗟に夜の道を駆け出す女の子、挙げればキリがないです。そして今、目の前には無数のお金が空を舞っています。これはもう、宙を舞うお金を見渡したあと、ゆっくりと右手の掌を差し出して、手に舞い込んだお金を見つめて、黄昏ましょう。そのあとは、お金をギュッと握りしめるのもよし、たんぽぽに息を吹きかけるように、そっとお札を舞い散らせるのもよし。あなた次第であなただけのPVを完成させちゃいましょう。

 

バスタブを用意して、そこに札束を敷き詰めてセレブになる

  “セレブ”という言葉から皆さんは何を連想されるでしょうか?パッと思いつくのは、お札が一杯に散らされたバスタブで、万札を扇子のように重ねて、優雅に扇ぎながら幸福に満ち溢れている人の姿です。「これであなたもセレブな生活に!」みたいなキャッチコピーの背景に、札束風呂に入って満面の笑みを浮かべている人の画像が起用されている誇大広告を見たことのある人も多いと思います。そんな夢みたいなことは、宝くじを当てない限り実現させることは到底不可能に近いです。しかし、札束が降り注ぐ空の下では、そんなセレブ気分をいとも容易く感じることができます。バスタブを持ってくるだけで、自動的に札束が降り積もっていき、気が付いたら札束風呂ができあがっています。その後は、お風呂にダイブするのもよし、扇子を作ってセレブリティを感じるのもよし、写真を撮ってインスタに投稿するのもよし。さあ、これであなたもセレブな生活に。

 

路上ライブをする

  ライブという空間は、音楽だけでなく、音響や照明、演出など様々な要素が融合しあって成り立っています。つまり音楽以外の副次的要因が必要不可欠と言っても過言ではないのです。そこで、お金が降り注ぐ空をバックに、音を奏でてしまいましょう。きっと、実際のライブでいうところの、紙吹雪金・銀テープと同じように機能してくれるはずです。ちなみに演奏する楽曲は、松平健さんの「マツケンサンバ」で決まりです。オーディエンスのみんなで踊り明かしちゃいましょう。またサビの「♪恋せよ アミーゴ 踊ろうセニョリータ 眠りさえ忘れて 踊り明かそう」の部分は、ライブアレンジを加えて「♪恋せよ アミーゴ 踊ろうセニョリータ お金さえ忘れて 踊り明かそう」と歌詞を変えて歌うと良いでしょう。こんな時は、踊って楽しんだもん勝ちです。お金が降る注ぐ街で、心躍るような愉快で爽快なサンバが繰り広げられます。

 

慈善団体に寄付する

  お金というものを手に入れたからには、何か人のためになるようなことがしたいという良心が働くのは、誰もが心のどこかに必ず持ち合わせているものです。しかし、最近では芸能人たちが多額の金額を寄付すれば、「売名目的か?」など、インターネット上で批判が起きたりして、僕はそれに対して偽善でも売名目的でも、寄付という行為自体は立派な行動であると思うので、全然良いと思うし、むしろ批判されることを先回りして、自ら「売名目的です!」と率直に言い放ったほうが良いんじゃないかと思うところもあったりと、なんとも複雑な気分です。お金に色はないので、黒くても白くても、その行動を尊重したいなあ。

 

YouTubeに投稿する

  近年流行りのYouTuberに便乗して、空からお金が降っている様子を撮影して、YouTubeに投稿しちゃいましょう。YouTubeに動画を投稿することで、空から降ってくるお金を手に入れて、さらにYouTube動画再生回数広告収入でお金を稼ぐことができます。まさに勝利のスパイラルです。夢の具現化とはまさにこのことでしょう。ちなみに投稿する動画のタイトルは「【悲劇】空からお金が降ってきた!!」で決定です。

 

 

 

…いかがだったでしょうか。空からお金が降ってくると考えただけで、夢が無限大に広がりますね。僕はやはり初心に戻って虫取り網を勢いよく振り回したいです。みなさんも、もしお金が空から舞い降りてきたときのことを見据えて、色々な策を練っておいても良いかもしれません。僕はとりあえず虫取り網と虫取りかごを用意しておきます。

 

ではでは!★★★★