Gummy Gummy Night Festival

Gummy Festival

グミが食べたい。できれば弾力のあるやつ

歩いていたら真正面から自転車が!さあ、どうする?

f:id:float_space:20170516221621j:plain

僕はよく道という道を歩く。むしろ道しか歩かない。というか、歩くと言ったら道だ。そんな道という道を歩いていると、よく真正面から自転車が向かって来ることがある。人間は危険を察知すると反射的にそれを回避しようとする生き物で、自分めがけて猛進してくる自転車に対して、脳は一刻も早く避けなければお前の姿は無いと言わんばかりに、自分の行動を促そうとしてくる。よし、避けよう。そんなことを思った時には、もう自転車は目の前に迫ってきている。そして、自転車に乗っている住人も、避けようとする人間の反射的行動が働き、僕と全く同じ境遇に立たされるのである。歩行者と自転車を漕いでいる者同士が、お互いに同じ時系列で、人間の反射的作用が働こうとするまさにその瞬間に立ち会っているのである。これは傍から見れば奇跡である。


僕は自転車を避けようと、左側に足を踏み出す。しかし、自転車を漕いでいる住人も同じことを考えたのか、右側(こっちから見れば左側)に自転車のハンドルを切る。そう、僕が自転車を避けようと左側に避けたのは間違いだったのである。この右か左か選ぶという簡単な二択問題に、僕は間違えてしまったのである。自転車の住人も同じことを思っているだろうなぁ。それとほぼ同時に、左側に避けてしまった自分の不甲斐なさに対する、怒りと相手に対する申し訳なさで頭の中がいっぱいになる。


多少パニックに陥りながらも次は右側に足を踏み出す。するとどうだろう、自転車を漕いでいる住人も同じように、左側(こっちから見れば右側)にハンドルを切ってしまっているのである。もうこの域まで来ると、不思議と避けることなんでどうでも良くなってくる。僕が踏み出した足が正しいんだ、絶対なんだって、正義を振りかざしてまで、避けることを避けたくなる。すると自転車を漕いでいる住人は、本当に僕を避けるようにスルリと上手く避けていく。この時ばかりは、もはや歩行人避けのプロなんじゃないかって、思うくらい俊敏に避けていく。


それはおそらく、自転車はフルスピードで走れば一種の武器となり、人に危害を加わせる恐れもあることを漕いでいる住人は知っているからであろう。自転車側は、人に当たったその時点でもう勝ち目はなく、どれだけ弁明しても大どんでん返し逆転勝利はそうそう無いのである。


こう考えるともう自転車を避ける必要って無いんじゃないの?って思えてきたりしますが、僕は当たりたくないし、当てた相手さんも気まずいだろうし、色々とめんどくさそうなので、今後も避けて避けて避けまくりたいと思います。なので、ブログのタイトルに対する答えはただ一つ、「避ける」でしょう。


おわり。



ではでは!★★★★