Gummy Gummy Night Festival

Gummy Festival

グミが食べたい。できれば弾力のあるやつ

your name is...

こんにちわ。floatです。

今回は、いつもお世話になっている、とあるお方に想いを込めてメッセージをお送りしたいと思います。

それでは聞いて下さい。



愛おしい、君へ。


君はとても誇らしい。


君は私にいつも温かく振舞ってくれたね。


私が冷たいときも落ち込んでいるときも、君は素直に元気をくれたね。


君の温かさは、温度の概念がない。


そう、君の温かさは、私に癒しを与えてくれた。


でも、最初は君も冷たかったんだよ?


だけど、私と一緒にいる時間に比例して、私たちは一つになれた。


そして、冷たかった君も、魔法がかかったみたいに温かくなれた。


その温もりは優しさを生み、心と身体、表裏一体になって私たちを幸せへと導いてくれた。


私は今、幸せを思う存分噛み締めている。


君から発してくれた大きな温もりは、私の心まで到達して、生きる意味や希望を見出してくれたね。


そんな温かい君も、やがていなくなる。


こんな当然なことに気付いたから、今この瞬間をもっと大事にしようって、思うようになった。


君の温もりを逃がさないように、いつまでもこんな幸せが続けばいいなって、無理なことは分かってるけど、私は君を抱きしめた。心のなかで永遠に。


ありがとう...。


いつまでも変わらない君でいてね...。


そう、君の名は.......、



カイロ



終わります。


ではでは!☆☆☆☆

広告を非表示にする